看護師

沢山の種類がある抗がん剤|薬の特徴を知っておこう

  1. ホーム
  2. うつ病治療で大切な事

うつ病治療で大切な事

女性

欠かさず服用しよう

病院ではうつ病の治療薬として主に抗うつ剤を処方しています。うつ病は脳が機能障害を起こしている状態であり、抗うつ剤はそんな脳の環境調整を行う大切な役割を持っているでしょう。体だけでは無く、心にも様々な症状が出てしまううつ病は自然に治るだろうと放置していても、なかなか改善されない事も多くあります。また、きちんと治療を行わないと再発してしまう恐れもある為、精神科や心療内科での専門的な治療をしっかり行いましょう。うつ病で使用される抗うつ剤にはいくつか種類があり、患者さんの症状や副作用の出方を見ながらドクターが調整しています。ネガティブな思考になってしまったり、何もやる気が起きなかったり、脳内環境のバランスが崩れてしまうと様々な症状が出てしまいます。この症状は、患者さんの心が弱いから、など性格がそうさせている訳ではなく、脳が機能障害を起こしているからこそ出てしまう症状です。その為、脳の環境調整の為に抗うつ剤を上手に利用する事で、症状を抑制し、改善させる事が出来ます。抗うつ剤は脳内の神経系に働きかけてくれる薬であり、最初は様子をみながら処方される為に、大きな効果を期待する事は出来ません。しかし、きちんと服用する事で、徐々にその効果を実感する事が出来るでしょう。また、服用する事で症状を抑える事が出来ますが、良くなったからといってドクターの判断では無く、自分の判断で止めてしまうのは危険です。せっかく症状が改善してきたにも関わらず途中で止めてしまうと、また症状が出てきてしまう恐れもある為、必ずドクターの判断を仰ぐ事が大切です。又、服用期間ですが、半年から数年単位で長期間に及ぶ事もあります。その事をしっかり理解しておきましょう。抗うつ剤は三環形、四環形、SSRI、SNRI、NaSSAと年代順に並べると種類があります。年代が新しいもの程効果が高くなりますが、必ずしも新しい抗うつ剤が良いと言う訳ではありません。やはり患者さんによって合う抗うつ剤と合わない抗うつ剤がありますし、年代が古い抗うつ剤程値段的にも安くなっています。その為、患者さんの状態などにより処方する薬の種類を変えていきます。うつ病は多くの人が発症している病気ですが、適切な治療と十分な休養を取る事で状態を改善して行く事が大切です。病院で治療を受けるだけでは無く、休める時はきちんと休む様にしましょう。この病気は、責任感が強く、何事にも一生懸命に取り組む人が発症するリスクが高くなってしまいます。やはり一生懸命責任を持って仕事など行う事で、自分の中に溜め込んでしまいそれがストレスになってしまう場合もあるのではないでしょうか。その為、うつ病を発症してしまっている時に、さらに頑張れ頑張れと周りの人が言ってしまうと、それが逆に心の負担となってしまう場合も多くあります。もしうつ病を発症しているかなと思われる場合は、そっとしておく事が大切です。必要以上に応援をしたりするのや止めておきましょう。実はうつ病を治す為には、周りの人の協力も大切になります。周りの人もうつ病とはどの様な病気なのかを理解し、それに対応する知識を持つ事で、大切な人がうつ病を発症してしまった際に正しい対応をする事が出来るのでしっかり覚えておきましょう。