うつ病に効果的な薬について

沢山の種類がある抗がん剤|薬の特徴を知っておこう

うつ病治療で大切な事

女性

うつ病を改善する為に欠かせない抗うつ剤は、患者さんの状態に合わせて精神科や心療内科で処方してくれます。種類もいくつかあり、状態に合わせて処方してくれるのできちんと服用する事が大切です。是非上手に抗うつ剤を使用し、症状を改善していきましょう。

様々な種類があります

医薬品

色々なメリットがあります

うつ病の治療では抗うつ剤を使用することが多いのですが、現在の抗うつ剤には色々な種類があり、それぞれの患者さんの状態に合ったものを使用することが可能です。この種の薬で最も古くから使われているのが「三環系抗うつ剤」で、効果が非常に強いのですが、口が渇いたり、めまいやふらつきなどの副作用も出やすいと言われます。そのため、現在ではこの薬剤はあまり使われず、多くの場合に使われるような他の薬剤が効かない場合や難治性のうつ病の治療のときに利用されることになっています。三環系抗うつ剤の後に作られたのは「四環系抗うつ剤」ですが、この場合は安全性が高くなり、効果が出る期間も1週間程度なので、それ以前の薬に比べてかなり早いと言えます。神経伝達物質であるモノアミンは、これが少なくなるとうつ病が発症するとされていますが、三環系と四環系の抗うつ剤では、モノアミンの再取り込みを抑制しています。そして、四環系の場合はそれに加えて眠気を生じさせるものが多いので、うつ病の中でも特に不眠で悩む患者さんの場合に多く使われているようです。これらの抗うつ剤の後に作られたうつ病治療薬で、特によく使用されるのがSSRIとSNRIの2つですが、これらの場合はモノアミンの中の特定の物質の再取り込み阻害を行います。SSRIはモノアミンの中のセロトニンの再取り込みだけを防ぐ働きがあるので、副作用が起きる可能性が減少し、特に重篤な副作用が起きにくいというメリットがあります。この薬の場合は、うつ病改善の効果と副作用を少なくするということの両方の条件を満たすので、現在ではうつ病治療として最も多く使用されています。SNRIは、モノアミンの一種であるセロトニンとノルアドレナリンの2つの再取り込みを阻害する薬剤であり、これも副作用が少ないので、SSRI同様に多くの場合に使われます。そして、セロトニンの場合は、これが増えると不安感を減らして落ち込みを防ぐ効果が期待でき、ノルアドレナリンが増加すると気力や意欲を持ちやすくなると考えられます。以上のような薬がうつ病の治療薬として多く使われるものですが、最近ではさらに違うタイプの薬剤も色々なものが使われるようになってきています。その中には、ノルアドレナリンとセロトニンの再取り込みを阻害するのではなく、この2つを増やすことになるNaSSAというような薬剤もあります。この薬はSSRIやSNRIを使用しても効果が上がらない場合によく使われると言われていますが、これを飲むと深い睡眠が可能になると考えられます。ただ、この場合にはうつ病に対する効果は期待できますが、体重が増えてしまったり、眠気が増加するなどの副作用が出やすいので注意が必要です。このように、抗うつ剤には様々な種類のものがあり、1種類の薬が効かなくても他のものを利用することが可能になっているので、以前より効果が上がりやすくなっています。ただ、副作用が出にくい薬が開発されていると言っても、副作用の可能性が全くない訳ではないので、その点に関しては特に注意して主治医と相談する方が良いでしょう。

うつ病は適切な治療が必要

メンズ

うつ病に効果的な抗うつ剤をしっかり服用し、適切な治療を受ける事は症状を早期に改善させる為の手段です。処方された薬はしっかり摂取し、また定期的に通院する事が大切です。是非きちんと治療を受けて、症状改善につなげましょう。

服薬は継続する

治療薬

うつ病の症状がよくなるともう大丈夫だと考え、抗うつ剤の服用をやめてしまうことがあります。しかし、症状がおさまって2、3か月後が最も再発しやすいので注意が必要です。少なくとも半年は警戒が必要なので、服薬を継続し再発に備える必要があります。